難しい

風水とは検索してみて分かったのですが、簡単にここに紹介するのはどうかと思わされた。
色によっての運勢を変えられるといった風水がよくありますが、
なんと言って、調べれば調べるほど、よく分からなくなったからであす。
私たち一般人はよく風水と言えばある人物を思い浮かべるでしょう。しかし、少し真剣に色々調べるとまた違った意見も出てきます。
色々な記事を参照してみてこれが正解だと言えるほど、詳しくないので申し訳ないのですが、
先ず風水が何処から来た考えなのかは皆さんご存知だと思いますが、中国風水は簡単に分かるものではないようです。
色々な教えを請わなければあらわせないのでしょう。
しかし、我々日本人で一般的な庶民では本格的な習ったり、勉強しているわけではないので、この方角には黄色などといわれると
それが風水だと考えてしまいますよね。彼は日本の家相学をアレンジしたものであるということを念頭にお話していきたいと思います。
みなさんご存知の彼は建築士の資格を持っていて、気学による家相方位学で占いを良くしていた様で、
テレビで取材されブームの先駆けだとして風水と言えば彼があがるようであるが、なんだか難しい話に成りそうだた、
今日本で言われている風水は本来は風水ではなく違う表記をするかしないとダメのようである。